駿河台の和泉突撃企画(第52回活動報告)

こんにちは。レオンです。


6月ももう終わり、今年も半分過ぎちゃいますね。
ところでみなさん去年の今頃駿河台が何したか知ってます?


そう、去年の6月28日サークル公認取得2周年を記念した駿河台の和泉乗っ取り企画が行われました。


つまり今年で公認取得3周年です!

サークルの公認記念日なんて今年度から入った人は知らないことでしょうし、存在くらいは知ってもらいたいなって思いましたので今年も企画をすることにしました。しかし今年は28日が土曜日なので活動のある27日でやることにしました。


もちろん代表のアンブラくんに確認とりました。
Screenshot_2014-07-22-11-35-33.png



というわけで金曜の突撃企画に備えて木曜日の活動は準備に集中しました。




当日。

まずは○×クイズ。正解者だけが残っていくサバイバル形式で行いました。
ポケモンバトルにおいて重要な「択ゲー」の力をチェックしました。

1年生が答えやすいようポケモンのクイズをいれることを意識して作ったつもりでしたが・・・
nottori5.jpgnottori4.jpg
nottori3.jpgnottori2.jpg



結局身内ネタのオンパレードになっちゃいました。ポケモンのクイズ20問中3問ぐらいだったような・・・。

ポケモンをしない安定の駿河台クオリティに1度は全滅する1年生たち。
救済措置として僕とのじゃんけん勝負を行ったりしました。

見事復活した1年生を含めて企画再開、最後まで残ったのは1年生のたーにゃさんでした。
そして景品がプレゼントされました。
nottori6.jpg


ちょうど話題になってたあの事件リスペクトしてみました。



残った時間は去年もやったトリプルマルチ
6人1組のチームになってボックスから自分が操作するポケモンを1人1匹ずつ選びトリプルバトルをマルチバトルのように行うルール。(対戦するまで各ポケモンの情報は未公開)
今回は去年の個体を一部流用したり新しいポケモンを追加したりして約3ボックス分のポケモンが用意されました。ボックスの中では特にミネズミ6匹クイタラン4匹カモネギ3匹が謎の存在感放ってました。

はじめてのルールでしかもわけのわからないポケモンたちばかり・・・みんな困惑してました。
「はねる」で「ギガインパクト」をよけるといったおもしろい展開もあったりしました。
nottori7.jpg1405996644480.jpg
1405996646580.jpg1405996648447.jpg



どんなポケモンがいたのかというと
・はねる・とびはねるだけ覚えたニョロトノキングドラ
・きあいパンチやきあいだまオンリーのローブシンたち
・ないしょばなしが大好きな色違いダークライ
・わんぱくななりきりボルトロス
・世界各国から集めたマスボ色ミネズミ軍団
・どろかけ色ミツハニー♂inネットボール
・からをやぶるコータス
・まるころ色ラッキー
・くっつきバリヌケニン などです。


みんなこのバトルを通してポケモンバトルに対する視野を広げることができたんじゃないですかね(適当)


こんな感じで楽しく活動ができました。



こういう企画ができるのも歴代の先輩方の努力があってこそ。ほんとに感謝しています。
これからもみんなでMPKをもりあげていきましょう!
スポンサーサイト

悪の組織研究会(第51回活動報告)

どうもクッキー☆です。このブログを見てもらえばわかってもらえると思いますが、我々は今まで妄言に妄言を重ねて謎の活動を行ってきました。おしゃべり研究会と称してカラオケに行くとか、他の真面目にポケモンを愛し日夜睡眠の時間を削りながらも研究を続けているサークルに合わせる顔がありません。

我々の団体名である「ポケモン研究会」に今一度立ち戻る必要があると考え、真面目にポケモンについて皆で考える機会を設けました。まぁ只研究と称しましても何から入っていいのかわかりませんので、今回は私がテーマを決めさせて頂きました。

WS000293.jpg




これです。

思い返せばロケット団から始まりポケモンの悪役は様々な主義主張を持って主人公一行に立ちはだかって来ました。

単純な利益追求から世界の改変・救済等の一番大きな目的から団員の意識や組織構築まで様々です。

そしてそれらの変遷をポケモンシリーズが続いていく歴史と現実世界との接点を見つけながら討論していこうというのが今回の主旨であります。


そして参加者のサークル員の記憶を呼び起こすために簡単なおさらいから入らせて頂きました。


WS000294.jpg
WS000295.jpg
WS000296.jpg
WS000297.jpg

懐かしいですね。覚えていますか?

そして現在は第六世代、そして11月にはオメガルビー・アルファサファイアも発売が決定しています。そしてORASは三世代のリメイク。当然悪役にも大幅なテコ入れが加わりました。

WS000298.jpg


そうです、皆大好きメカクシ団がORASの悪役ですね。え、知らない?先週のNINTENDOダイレクトでやってたでしょ。見てないんですか?

ということで今回は私の独断と偏見によって、メカクシ団ひいてはカゲロウプロジェクトを研究することと致しました。
まぁ基本的に有る事無い事好き放題喋らせて貰いました。



ここから先はカゲプロ、自然の敵P、ボカロが好きな方は見ない方がいいです。失礼極まりない。

数枚プレゼン用資料をお見せします。


WS000299.jpg
WS000300.jpg
WS000301.jpg
WS000302.jpg





まぁこんな感じで私の戯言を垂れ流す形でプレゼンテーションは進んでいきました。


色々あって発表も終了。ですが我々はポケモン研究会で有ることを忘れてはいません。先程のプレゼンテーションを踏まえ、メカクシ団をポケモンを通じて捉えるべく、ある特殊ルールによって対戦することに致しました。


題してメカクシバトルです。痛いのは基本。


えーカゲプロの登場人物が全員目に関する特殊能力を持っている事とは何の関係もなく、我々の目を隠す能力を発動させ、メカクシ状態でポケモン対戦をやってみようという試みです。


詳しいルールは割愛しますが、端的に言えばプレイヤーは相方から伝えられる数少ない場の情報と自分の耳で聞いた音のみを頼りに全ての行動決定をして貰うというルールです。つまり鳴き声で場のポケモンを判別し、技のエフェクトと食らった時の効果音で打たれた技を判別し、その後の行動決定をします。

また、メカクシ故の勘違いによって明らかにプレイヤーが勝利から外れた行動をしようとしている場合相方が一度に限りそれを止める事が出来るという救済措置もルールに取り込みました(代わりにそれを使えば勝利した場合の獲得点が少なくなる等のバランス調整を行いました)


単純なシングルバトルでしたが、入ってくる情報が普段よりも圧倒的に少ない為皆さん非常に苦戦していましたが、相方がくれるヒントを駆使し大体はなんとか場の状態をつかむ事が出来たようでした。XYでポケモン全匹に鳴き声のテコ入れが入ったことに加え、ヌケニン等の一回聞いただけではわからないポケモンはそれだけで相手にプレッシャーであり、ガブリアスやバシャーモ等の鳴き声が非常に特徴的なポケモンは「確実に相手にバレている」と考える事が出来るので、それを逆手により交換読みを誘発するといった心理戦も繰り広げられていました。やる側も見る側もこれはこれで面白いルールなのではないかと感じました。



3戦程して貰い、勝利点の合計に上記のプレゼン中に行った小テストの点数を加えた総合得点で競った結果・・・・・


優勝はミシェルとレオンのチームに決定しました。おめでとう。商品としてカゲプロのファンブックが送られました。(1000円弱しました)

逆に最下位のチームだったアンブラといけにはカゲプロの楽曲を全曲聞き、曲の感想を書き提出するという課題を贈呈致しました。彼等のものすごい嫌そうな顔は忘れられません。



以上で、メカクシ完了とさせて頂きます。

べるちゃんローテ(第50回活動報告)

こんにちは、私べるが第50回活動報告を致します。

今回の大会はべるちゃんカップ、何と私に因んだ大会です!
大会ルールは
私の婿ポケ
コジョンド、シュバルゴ、キングドラ、ダーテング、ボルトロス、ゲッコウガ
と…

嫁ポケ
チラチーノ、マリルリ、パチリス、ピクシー、メタング、ライチュウ、カイリキー

から6匹を選び、ローテーションバトルを行うものでした。
もうすごいですね、私のためのドリームマッチとしかいいようがありません、感動の一言です。
観ていて最高に幸せでした。多分前期で一番幸せな出来事でしたね…


勿論、私も参加させて頂きました。チラチーノ、シュバルゴ、ボルトロス、カイリキーをメインにして戦い、2位の座をGETしました…!
嫁婿ポケの戦術をほぼ知っていたからでしょうか…1位を取れなかった事は悔しいですが、普段のバトルはさっぱりな私が研究会の猛者相手に戦えた事に感動致しました。


景品に用意されたポケモン達は何と…
夢ボルトロス、トルネロス、ランドロスやヒードラン、コバルオン達3剣士などなど…
しかも全て理想個体という、とんでもないポケモン達がBOXいっぱいにおりました…

全て副支部長が用意をしてくれたそうです。
順位順に選ばせて頂き、加えて一位のヒサシ君には私が一番好きな性格、旅パにいたわんぱくボルトロス再現版(なんと5Vです…!)が贈られました!
こんな苦労を掛けてしまうなら、せめてずぶとい性格を好きになるべきだった…かなり反省していますorz


こちらは使われたポケモンの記録です。
べるちゃんローテ集計結果
KP
ボルトロス(化身)8
ゲッコウガ7
シュバルゴ6
マリルリ5
チラチーノ5
キングドラ5
カイリキー4
パチリス4
コジョンド4
ピクシー3
ダーテング1
メタング1

安定のボルトロス…ですね。

因みにBP(べるちゃんポイント)という、婿ポケなら♂、嫁ポケなら♀を守っているかによってポイントが与えられる、という面白いランキング制が取られました。

結果
ヒサシ、べるちゃん、レオン、みず氏…BP6

サルトル、レインさん、シロノ、ミシェル…BP4

クッキーさん…BP3.5

サークル員の方々がここまで合わせて下さっていた事に泣きそうです…!
実は私がゲッコウガを♀にしてしまっていたのですが、無条件で6Pでした…さすがべるカップ…

今回の大会は、好きなポケモンの活かし方など愛情と意識を深める良いきっかけとなったように思います…!

企画立案、景品準備など全ての運営をしてくれた副支部長レオンくんに改めて心から感謝を捧げますm(_ _)m


では、長文お読み下さりありがとうございました!

エテボース研究会(第49回活動報告)

こんにちは。ガルシアです
今回は高い素早さと多彩な技を操るポケモン、エテボースについて研究いたしました。

エテボースといえば、アニメポケットモンスターダイヤモンド・パール時代にサトシ達と一緒に旅をしていたポケモンとして覚えている方も多くいらっしゃると思います。
そのエテボースとの別れの回として有名なのが、第123話「ポケモンピンポン大会!エテボースがんばる!!」ですね。
ポケモンとトレーナーがコンビになって行う卓球の大会を通して、エテボースが卓球の楽しさに目覚め、訓練のため旅から離脱するといった内容でした。多分。

ところでピンポンといえば、最近ノイタミナにて卓球を通して少年たちの葛藤や成長を描く青春活劇「ピンポン」がアニメ化して放映されていました。
サークル員の間でも好評で、これをサークル全体で見ればなんやかんやでエテボースの研究になるかもしれないということで、鑑賞会を行いました。
活動時間的にアニメを全編見るには厳しい上に最終話の2日ほど前ということもあって、実写映画版を見ることになりました。

活動の様子です
pin.jpg

実写版もキャスティングに味があっていいと思いました。この作品はセリフ回しが独特でけっこう好きです。

強靭な持久力・精神力や高度な読み合いが要求されるこのスポーツの研究を通して、我々は更なる成長を実感することができました。
それでは次回もよろしくお願いします。

ねらいのまと研究会!†第48回活動報告†

こんにちは!
ブログを書くのは昨年度の白門祭の記事以来となります、ぶんぶんです。
唐突ですが、みなさんポケモンのゲームに「ねらいのまと」という道具がでてくることは知っていますか?
この道具、一見するとおもしろそうに思えるんですが、実際上手に活用しているのはゾロアーク検定くらいのものでどう使えばいいのかよくわからないんですよね。一応特性「ミイラ」、「のろわれボディ」を本来発動しないわざに対して発動させるという使い方はありますが、あいつら大体オボン持ってます。そのほうが使いやすいし。
こんな「ねらいのまと」、XYではなぜかBPアイテムになりましたね。取得した人いるんですかね。
今回僕は、ポケモンを心から愛するわれわれMPK駿河台支部ともあろうものがゲームに登場する道具に対し、こんな認識のままでよいのか?と考えました。今一度、「ねらいのまと」について真剣に考え、ときに嫌悪し、ときに歓喜するくらいまで研究しなおすべきではないのか?、と。
そのために今回の活動は・・・


d-tu.png


ダーツしにいってきました

なんでかって??だってダーツ楽しいじゃん!!!!(大声)
今回お邪魔したお店は、『カラオケ館歌舞伎町一番街店』です。「目的はダーツなのにカラオケ館?」と思われた方もいるかもしれませんが、このお店なんと2Fがすべてダーツフロアになっています。新宿駅から徒歩15分程度とアクセスがいいのもあり、よく利用させてもらっています。
da-tu.png
↑中はこんな感じ。
きれいめなダーツ店、といったところでしょうか。

今回集まったメンバーは9人!一部ダーツやったことある方もいましたが、大半は初心者でした。この日はなんと3時間投げ続けたので、普段運動しない彼らは次の日には筋肉痛だ~と叫んでいました。
今回の活動の核たる『ねらいのまと』=ダーツボードの見方は、中央の円が50点(ゲームによっては黒い部分が50点、赤は25点) 獲得できる部分でBULL(ブル)といい、また、一番外側の円がダブルリングで外側に書かれている数字の2倍、内側の円がトリプルリングといい3倍の得点が獲得できます。残りの部分がシングルゾーンで点数は外側に書いてある数字そのままです。今回は日本でメジャーなソフトダーツをプレイしましたが、本来ならハードダーツも(長くなるので割愛)

ダーツゲームの定番である『01』(ゼロワン)や『CRICKET』(クリケット)を押しのけて、この日一番盛り上がったのは『飲飲~ヤムヤム~』というゲーム。突然カウントがスタートしてダーツボードにちょうど10秒目で当てる『ZERO STOP』や、1本だけダーツを投げて当たった数字の大きさを競う『ONE DART COUNT UP』など、ミニゲームが8個用意されています。そしてどうやらこのゲーム、負けた分だけ(自主規制)を飲む、という趣旨のゲームみたいです。
なんだそのウェイな感じ・・・と思われるかもしれませんが、ポケモン研究会がそんなウェイなことするわけありませんね。敗者はひたすら煽られてました。そっちのほうがつらいかもしれませんね。
他にも前の人の得点を上回り続けることを目指す『UNDER THE HAT』や、風船が爆発しないギリギリのラインを見極める『LUCKY BALOON』など、パーティーゲームが中心で
プレイしました。今回活動していて思ったことは、ダーツってめちゃたのしい!ということですね。実際僕はじめの2時間半の記憶ないですし、みんなにも好評だったように思います。次またやることができたら、もっと多くのメンバーに参加してもらえたらいいな、と思います。

え?ねらいのまと?ヌケニンに持たせてマルチでもすればいいんじゃないですかね?

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
またこのブログでお会いしましょう!

だいばくはつ研究会(第47回活動報告)

レオンです。最近は雨の日が多くて梅雨の時期って感じがしますね。

雨のせいで湿った空気は蒸発させてしまおう!そう思って企画してみたのがだいばくはつ研究会です。


ボンバーマンのゲームを用いてみんなで遊ぶことにしました。
理不尽な火力を持った爆弾が何個も飛び交ってみんなで仲良く爆散してとても賑やかな企画になるはずでした。



しかし・・・・・

あ・・・・
1402400620380.jpg

コントローラーが2つしかない・・・・・・。マルチタップとはなんだったのか・・・・。

何のための4対戦なのか・・・。2人プレイにコンピューターが混ざる謎の環境・・・自宅でやれよって感じですね。
DSC_0990.jpg

遊べないわけではないので最初は二人ずつプレイしていきましたが・・・

こんな状態では楽しさも半減どころかまったく面白さがないですね。



かくして雨によるしめりけを感じる中、だいばくはつ研究会は大失敗に終わった・・・。


ゲームにおいてもだいばくはつをする時は相手に守るや見切りを使わせないようにしたりゴーストタイプをあらかじめ処理するとか選出させないとかでだいばくはつの効果が最大限に活かせるように準備をしたり相手の動きを考慮したプレイングをするものです。

これは現実においても同じ、決して適当におもしろいゲーム投げておけば楽しい企画になるなんて考えはいけなかったのです。どんな企画でも準備を怠ったり、雑なことをしていれば自分にしか損害がでないという状況になるのは当然だったのです。当たり前のことすぎて書いていて虚しいですね。

私自身はだいばくはつ研究会で少し成果を得ることができましたが皆でその成果を共有できていないので意味がないですね。


活動自体は続・クレベース研究会って感じでみんなでまたテーブルゲームをして楽しい雰囲気で活動することができました。企画が失敗してもこうやってみんなで一緒に仲良く活動できるのは駿河台のいいところですね。
決してフリー活動になったわけじゃないんだ・・・(震え声)

DSC_0988.jpg  DSC_0989.jpg


今回は企画者として皆さんの期待を裏切ることとなり申し訳ありませんでした。この企画は是非「リベンジ研究会」としていつかもう一回やらせていただきたいと思います。

止まない雨はない。永続雨は過去の話だ。

爆速シングル研究会(第46回活動報告)

こんにちは。レオンです。今年度ももう2か月経ってしまいましたね。
なんだかんだ週2の活動に慣れてきている駿河台支部、そんな感じします。



今回の活動は爆速シングル研究会です。丁度週末にPGLの公式大会で爆速シングルというルールの大会が開催されるのでそれに合わせて駿河台流にやってみようと思いました。


爆速→とにかく速い

シングル→1人操作

マリオカート??????




というわけでマリオカートをやりました???それにマリオカートなら爆速シングルだけでなくついでにホイーガ・ダイノーズも研究できるのでは!?めっちゃポケモン研究してる!!!!?

1401956863420.jpg
※イメージ図byレオン



しかし・・・・・



人が来ない!!!!


こころぴょんぴょんしながらみんなが来るのを待つか・・・・・

1402600453206.jpg





・・・・今回は10人にも満たない人数での活動となりました。慣れたからこそ来なくなったのでは・・・?

この規模での活動は駿河台としては非常事態です。逆に言えば普段はたくさんの人が活動に参加してくれているということです。まあ、贅沢な悩みなんでしょうね。


ゴール目の前で飛んでくる理不尽なトゲゾーや空中でのこうら命中からのコースアウトなど予想外のアイテム妨害に我々はたくさん苦しめられました。常に神経を研ぎ澄ませてわずかな時間での判断を何度も行ったことで爆速シングルで通用しうるスキルを身に着けることができたと思います。

またマリオがレーシングする姿にはダイノーズがホイーガ達に乗って戯れる姿と重なるものがありました。加えてマリオカートにおいてマリオはバランス型であり、ダイノーズとホイーガも格闘と飛行、エスパーという片方の弱点をもう片方がカバーできることからバランスのとれた組み合わせであることがわかり、どちらもバランスという共通点があります。一見偶然のようにも思えますが都合が良すぎるとも感じました。やはりマリオカートとダイノーズ・ホイーガには何らかの因果関係があるのかもしれません。今回の研究から得られたファクターを元に引き続き遊びたい・・研究していきたいと思います。

あと今回は競技形式で行ったので優勝者には景品が贈られました。
DSC_0985.jpg



これだけ研究したのだからきっとPGL爆速シングルのランキングの上位にいるのは全員駿河台のメンバーでしょうね。




これからも駿河台はPGLの大会に対し独自の視点から研究することで他のプレイヤーと差をつけていきたいと思います。




かずのこマリカのソフト貸してくれてありがとう。

クレベース研究会(第45回活動報告)

こんにちは、MPK横浜支部もといポケラバのかずのこです。
6/3の駿河台支部での活動にお邪魔させてもらったのでその感想と活動レポを書いていこうと思います。
今回の活動は「クレベース研究会」。

まずはクレベースというポケモンについて振り返ってみましょう。
タイプはこおり、特性はマイペース/アイスボディ/がんじょう(夢)、種族値は、95-117-184-44-46-28
圧倒的物理耐久を誇るXYで初登場したポケモンですね。レートシーズン1ではヌメベースとかいう構築が流行っていた時期もあったそう。
しかし、クレベースを語る上で忘れてはいけないのはそのフォルム。

kurebe-su.gif


まんまテーブルですね。こじゃれたデザイナーズマンションとかに置いてあってもおかしくなさそう。
ということでテーブルで何するといったらボードゲームでしょって訳で様々なボードゲームで楽しみました。前置きが長くなりましたね。
僕は活動参加してすぐにカタンの卓に参加しました。
カタンというゲーム、存在は知っていたのですが実際にやったことはなく非常にワクワクしながらルール説明を受けました。
ざっとルール説明を受けて分かったのは資源を集めて軟便を伸ばして硬便をたくさん置いて10ポイントを集めれば勝ちだということ。
ポケラバの新代表の一件もあり自分から糞をひり出すのに抵抗はありましたが仕方なく受け入れることに。

序盤木材とレンガをテンポよく集め最長交易路を獲得したり順調でしたが
途中シロノくんに独占で資源を根こそぎ奪われたり、道を伸ばす方向が無くなって最長交易路を奪われたりと
いい感じにあったまってきたところで順調に都市を建てていったクッキー☆さんが10ポイントを宣言してゲーム終了となりました。
初プレイでしたがとってもたのしかったです。(小並感)
横国にもぜひ取り入れていきたいですね。

カタンが終わった後は僕が持ってきたワードバスケットというしりとりがベースのカードゲームを遊んでみました。
場に出てる文字から始まって自分の手札の文字で終わる3文字以上の言葉を宣言して早く手札を無くした人が勝利というこのゲーム。
ポケラバ員は脳みそ止めたまま礼儀で会話する人間が多いのでボキャ貧を打開する為に最近サークル内で流行っています。
コレはやってみると案外面白く、今回駿河台でも言葉が出ずに悶えてる人がいて持ってきて良かったなとしみじみ思いました。

他にも色々なゲームの卓はありましたが、僕が参加できなかったので割愛させていただきます。
ボードゲームを通して2手3手先を読むというゲームでもカードでも役に立つ思考を養うことができました。
皆さん、ポケモン頑張ってくださいね。以上です。
kazunoko.png

五大学合同交流会†第114514回活動報告†(サークル交流会⑧)

お久しぶりぶりブリガロン。金剛力彩芽です。

去る6月1日、明治大学中野キャンパスのホールにて五大学合同交流会を開催しました。
折角なので、どんな企画が行われたのか簡単に振り返ってみたいと思います。
 

続きを読む

プロフィール

明治大学ポケモン研究会駿河台支部

Author:明治大学ポケモン研究会駿河台支部
明治大学公認サークル「ポケモン研究会」駿河台支部です。
入部希望・質問等はpokeliberty♡gmail.com(♡→@)かtwitter(@pokeliberty)までどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

通常活動 文化祭 交流会 課外活動 合宿 定例会 就職活動 

カテゴリ
検索フォーム
みつけたかず
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Twitter
リンク
QRコード
QR