スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニックブーム研究会(第95回活動報告)

 こんばんは、ユーズです。
 記事を書くのにもそろそろ慣れてきました。余裕です。嘘です。

 今回は11/19(木)に行った駿河台の活動報告です。記事書くの遅くない??
 ところで皆さん、突如 (そこまで好きでもない) ゲームをとてつもなくやりたくなる時ありませんか?ありますよね。

 11月に入った僕も、「あぁなんか・・久々にソニックやりたいブームが来てるわ。めっちゃやりたい」

 となりました。







 というわけで、今回はソニックブーム研究会です!!


続きを読む

スポンサーサイト

THE LAST BATTLE -ROAD TO MPK- (前編)

2014年12月24日。

世間はすっかりクリスマス気分。街はカップルや親子連れで大いに賑わっていました。

クリスマスといえば、プレゼントを考えたり、美味しいものを食べたり、大切な人と一緒に過ごしたり。皆さんもそんな楽しい記憶があるでしょう。私は小さい頃、プレゼント欲しさにクリスマス前日だけは特別いい子にしていたりしました。前日だけいい子にしてても意味ないのにね。今となってはいい思い出です。

クリスマスの時期って街中に笑顔が溢れていて、見ているこっちまで笑顔になってしまいますよね。私はこの時期が結構好きです。プレゼントを買いに行く親御さんの姿を見てはついつい両親の姿を重ねてしまい心が温まる。なんてこともしばしばありました。歳は取るもんじゃないですね。

そんなことを考えつつ満面の笑みを浮かべながら街中を闊歩する私。一方その頃、オタクサークル・明ポケは何をしていたのかというと・・・



ポケモンをしてました。人生シングル厨のつどいオフと称して傷の舐め合い(ORASシングル定例会)をしていました。参加者は37人だったとか。

張り詰めた空気。鋭い殺気。幸せ一杯の時期に教室に引き篭もり血眼になって現実逃避(ポケモン)をしている後輩たち。中にはラーメン屋が休みになっているだけで店主を裏切り者扱いする者もいました。だめだこりゃ。


「そんな彼らに少しでも幸せを分け与えてあげたい・・・。」


そう心の底から思った私たち4年生は、サンタさんを介して後輩たちに素敵なプレゼントを贈ることにしました。

サンタ襲来


___すべてはここからはじまった
 
 

続きを読む

THE LAST BATTLE -ROAD TO MPK- (中編)

サークル員それぞれの想いを抱えながら我々は決戦の日、2月24日を迎えました。

【前編はこちら】
(なおこれ以降は便宜上4年側を廃部サイド、3年以下を救部サイドと呼称します。)


-決戦の場で待つ-

この言葉は我々MPKの中で代々受け継がれてきた言葉であります。この至言に則り、我々4年の本拠地と言える駿河台キャンパスに愚かにも歯向かおうとする下級生共を召喚するのがあるべき姿だと今でも信じて疑いませんが、中野支部の4年と2年前まで活動を共にした思い出の地でやりたいという思いが強くあり、和泉キャンパスで開催されました。


そして当日。腐敗に腐敗を重ね人間としての礼儀すら失い遅刻は基本とまで言われている我がサークルですが、サークル存亡の危機ということもあり後輩の遅刻者は普段よりも相当少なかったです。寧ろ我々廃部サイドの遅刻者の方が多かったでしょうが、30分近く遅れて最後に到着したのは駿河台支部3年のレオンでした。彼は対抗戦の出場者という立場ながらあり得ない舐めプを働いた事により、不戦敗の罰を与えようと思いましたが我々の温情によりお咎めなしに。海よりも深く反省して下さい。因みに筆者(クッキー☆)は遅刻しました。


ところで、戦闘においてはルール上許されている範囲であらゆる手段を講じて勝利を掴むのが常識であります。それは勿論戦いに直接関係のある要素は勿論、間接的なアドバンテージを掴む事も含まれます。

何としてでも廃部という勝利を掴まなければいけない我々は、まず後輩達を威圧することで精神的アドバンテージを取る事を画策。サングラス、バンダナ等のアウトロー感溢れるグッズを身に纏った上で各々が考えた相手をビビらせる服装をしました。その結果がこちら。

S__4358211.jpg S__4358205.jpg

S__4358208.jpg S__4358209.jpg


精神的アドをとれたかはともかく、まぁビビらせる事は出来たんじゃないかとは思います。


 

続きを読む

THE LAST BATTLE -ROAD TO MPK- (後編)

〜前回までのあらすじ〜 【前編】 【中編】
なんやかんやあって廃部をかけた対抗戦をすることになったが、救部サイドが5-720011でなんなく勝利し廃部を逃れた。しかし、なんやかんやあって4年のはるに廃部届を持ち逃げされてしまい、一転窮地に立たされる。混乱するサークル員の目の前で、この状況を打開すべく、まだ人間の心を捨てていなかった4年達から「廃部届を奪還せよ」というSランク任務が言い渡される。

Sランク任務「廃部届を奪還せよ」



この茶番企画(台無し)は、5~6人でチームを組んでもらい、今までの駿河台ブログの記事の中に散りばめられているヒントや教養を駆使し、仲間と協力しながら廃部届けを持ち去ったはるを探し出したタイムを競うというものでした。

かなり時間がかかるだろうと思われたブログ内の隠しリンク等をひょいひょい見つけ出し、色々あった結果優勝は、るえ(2年)がいたチームになりました。おめでとうございました。


はるは無事捕獲され、なんやかんやあった結果改心し、廃部届けを放棄。サークルに真の平和がもたらされた。
廃部を宣言した時からいがみ合いが続いていた我々MPK員でしたが、4年の一部を悪者に仕立て上げ、皆と協力した事によって再びサークル員の心は一つに。4年全員とも和解し、我々の後輩に対するお詫びの品として様々なプレゼントが贈呈されました。


んで、その贈り物の内容は・・・・

パジェロ
ですよ。のクリアファイル
・うまい棒
・MPKのリストバンド(2年前の春合宿で渡したもの)
大村のROM
・博多土産 etc...

手作り感満載のダーツで決める事に。徹夜で的を作り上げたのに満足して、なまみちゃんが本家リスペクトであるハズレ商品のタワシを買ってこないという痛恨のミス。マジで申し訳ない。

ダーツ

幸いにもタワシに当たった後輩は少なく、4年が用意してきた大小様々な不思議な贈り物が後輩の手に渡りました。つくポケのハイタカ氏に明ポケリストバンドが渡ったのもなかなか印象的でしたね。リストバンドを手に入れたハイタカ氏の感想は、彼自身のブログに載っています。是非ご覧あれ。

皆まともなものをプレゼントしてましたが、私は「私との一日デート券」や「その日着てたガウン(1200円相当)」を贈呈しました。私が後輩だったら死ぬ程要らないです。

けぬまに

その後は和解の証として、我々の先輩方を含めたサークル員のお気に入りのポケモンにサークル員の名前を付け、一つのボックスに集めたオメガルビーのROMを受け継がせました。サークルが続いて行く限り、毎年このROMにポケモンが増えていくと考えるとなんだか良い心持ちになりますね。

4649

また、定例会の優勝カップを贈呈しました。こちらは赤波先生の発案。

優勝カップ

後輩の皆さんはこのカップに名前を刻むことを目標に日々精進するように。


最後に、サークル4年の遺言書として会誌「道」が配布される予定でした。しかし、諸事情により当日は用意できず。

「道」表紙 会誌目次


左が表紙、右が目次です。表紙のポケモンは4年のサークル員の好きなポケモンで、たちかなさんが描いてくれました。ありがてぇ。



会誌タイトルの「道」は駿河台の漢字ということもありますが、明ポケが今まで歩んできた「道」を後世に伝えたいという意味も込められています。嘘です。

この会誌は3月6日の定例会で配布されました。会誌の中身が気になる明ポケ以外の方は、明ポケの後輩に直接会ったときにでも見せてもらってください。


存続が確約されたMPK員は今年度最後の打ち上げに。個人的にはあれで本当に終わりだったとは今でも実感がわきません。ですが本当に楽しいサークル生活だったと胸を張って言えるでしょう。参加者、関係者の皆様にこの場を借りて感謝させて頂きます。

かずのこ
実は横国ポケサー(Pokeloversの会)のクラタくんも遊びに来ていました。奥に写ってるのはヒモ。

膝枕ゴーノ
上智ポケサー(PDC@Sophia)のゴーノくん「膝枕してください(。・ˇ_ˇ・。)」

あっという間に3時間の打ち上げも終わり、お別れの時間。我々の代の伝統は最後まで守らねばなりません。


MUR「世界一!」
全員「かわいいよ!\パァン/(一本締め)



オタク70人分の「世界一かわいいよ!」が吉祥寺の夜の静寂を破りました。

 

150224-02t-ss.jpg


 

 
 
 
 
 

続きを読む

ヤンキーマルチ(第70回活動報告)

こんにちは。レオンです。


大学生はテストのシーズンになりました。つらい。
しかし現4年生とサークルでの時間も残りわずか・・・・無駄にはしたくない。


とにかくポケモンがしたい!そう思って企画したのが

ヤンキーマルチです。
ヤンキーマルチ2



ルール
・オメガルビー・アルファサファイアを用いたノーマルルールのマルチバトル
・ポケモンの制限はなし
・持ち物あり、きあいのタスキは禁止
・ポケモンと持ち物の重複は認める
威力140以上で固定された技のみ使用可能
・技の効果に関わらず下記以外の技を使用してしまった場合はその時点で敗北とする
(だいばくはつ・じばく・Vジェネレート・はかいこうせん・ギガインパクト・ブラストバーン・ハードプラント・ハイドロカノン・ときのほうこう・がんせきほう・もろはのずつき・きあいパンチ・サイコブースト・ゴッドバード・フリーズボルト・コールドフレア・とっておき・ばくおんぱ・はめつのねがい)
・例外的に使用を認める技
(わるあがき・さきどり・オウムがえし・まねっこ・ものまね・ねこのて・ゆびをふる)


ハイリスクな選択肢しか許さないことで突っ張りの精神を大切にしながらも頭を空っぽにして純粋にバトルを楽しみました。


4人対戦で参加人数も少ないのでいきなり準決勝。
ヤンキーマルチ5


優勝はレオン&ミシェルのメカクシ団コンビでした。



ハイライト
・ミュウツーの(さきどり)Vジェネレート
・アマルルガにはかいこうせんでワンパンされるアルセウス
・味方のオンバーンにばくおんぱで縛られるプレッシャーのディアルガ
・プレッシャーに完全敗北したメガガルーラ
・反動で動けないアルセウスをきあいパンチで処理するメガミュウツーX
・相手のとくこうが2段階下がったサイコブーストで倒されるアタックフォルムのデオキシス
・シャンデラはシャドボより破壊光線撃った方が強かった
・メガリザードンYの晴れブラストバーンでオーバーキルされるヌケニン


IMG_20150115_233805.jpg
ヤンキーマルチ3ヤンキーマルチ4




普通の対戦では見れない面白いシーンがたくさんありました。


タイプが限られているので無効の多いヌケニンやシャンデラはとても刺さっていて当日構築でここまで考えたるえりあはすごかった。
きあパン以外の弱点がなく唯一のドラゴン打点をもつディアルガも強力。
安易なギガインパクトを許さないいかくやPP殺しからのジャッジキルを狙えるプレッシャーも強かった。
ジャッジキル防止に仲間を倒す立ち回りもありましたね。
あと反動のせいで時間かかった。


ゲームバランスは全く考えていませんでしたが新鮮なバトルができて楽しかったです。
こういう変則ルールの幅広さがポケモンバトルの魅力だなと思いますね。



来年度も新たなバトルを生み出していきたいですね。
プロフィール

明治大学ポケモン研究会駿河台支部

Author:明治大学ポケモン研究会駿河台支部
明治大学公認サークル「ポケモン研究会」駿河台支部です。
入部希望・質問等はpokeliberty♡gmail.com(♡→@)かtwitter(@pokeliberty)までどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

通常活動 文化祭 交流会 課外活動 合宿 定例会 就職活動 

カテゴリ
検索フォーム
みつけたかず
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。